元社長、吉良玲司は、離婚・閉業・シングルファーザーも劇的に楽しい

学んだ、人に関するテクニックや、情報、経験で、縁ある方々の役に立ちたいと思います。~プロフィール~吉良玲司は、毒親に約5000万円のお金をたかられ、嫁は子供に人格攻撃の罵詈雑言を吐き、注意したら逆ギレで家を飛び出した、その結果シングルファザー、子供の世話を考えると、泊まり出張が多い今の仕事は継続が難しいので、閉業して社長を辞めることに。突如、仕事も家庭も環境も変わってしまった男のハッピー駄文ストック(๑ ́ᄇ`๑)

「NHKから国民を守る党」驚きの26人当選!!

f:id:reiji_kira:20190505073354j:image

NHK受信料不払いをフラッグに勢力拡大 

 

 

元NHK社員、立花孝志氏が代表の「NHKから国民を守る党」

 

 

先日、日本のあちこちの市議会選挙で当選を果たしました。

 

 

この代表の立花孝志は、ずいぶん前からYouTubeなどで、

 

 

NHKの受信料を払わないようにとアピールし、

 

 

自身はもちろん、NHKの他者への勧誘にも

 

 

受信料が取れないように加勢していました。

 

 

 

NHKの地上波受信料は月額1260円、年間で15120円、

 

 

実際この金額で、死活問題になるかといえば、そうでもない金額、

 

 

だけど、払わないで済むなら払いたくないのもありますね。

 

 

ただ、この月額1260円のみを目的とした市会議員?

 

 

てのは、、、どうなんでしょうね?w

 

 

 

キャッチーな効果はありますけど、言ってしまうと、

 

 

「スマホ代が高いから安くさせる党」とか

 

 

「宅配料金を下げさせる党」とか

 

 

そんなのがあったらそういうのと一緒な気がしますね。

 

 

市会議員て、やはり政治家なんだから、「広義」の為になるべきで

 

 

個々の「狭義」は、「広義」の中のひとつであるべきと思います、

 

 

1世帯1260円を無くす方向の為に、市会議員の給与を税金から出すの?

 

 

NHKにお金払わなくなると、NHKの存在をどう保つのか、

 

 

スクランブル放送という指針をこの党は出されているが、

 

 

NHKは国からの援助金を受け、全国どこにでも放送を届ける義務があるので、

 

 

国営放送的な役割を担っている。

 

 

なのでスクランブル放送という答えでは、

 

 

日本のガバナンスに問題が起きるので、

 

 

そこまでの解決を含めた答えを用意するべきと思います。

 

 

それが政治家だと思うのですが。

 

 

 

まあでも、今の政治家で本当に良い政治家がいないから

 

 

この党が当選するという、

 

 

それもそうなのかとは思いますね。

 

 

橋下徹氏が大阪都構想で敗れたように、

 

 

この国民は、政治に対して関心や知識が無さすぎるのが、

 

 

一番の原因なのかなと思います。